貝塚で幼児小学生の時から岸高ねらいで伸ばすということ。

 首都圏や大阪府の北摂地域などと比べると、だれがみても貝塚は「のんびり」している地域としか思えませんね。ところが同じ泉南地域でも新興地域を除けば貝塚の教育熱は「まあまあ」のところだと思います。経験からです。旧9学区の岸高生の分布は岸和田が最も多く、南に向かって少なくなっている学年が多いようです。岸高経験者ならわかっていると思いますが、これが何を意味しているかを考えれば貝塚での作戦が思い浮かびます。つまり、岸和田の生徒には「勉強して岸高に入った」生徒が多く、南へ行くに従って「勉強をあまりしなくても入れた生徒」、つまり「頭が良かっただけ」で入れた生徒の比率が、それぞれの「地域の対人口比を加味」しても多いように思います。よって、貝塚で幼児小学生の時から岸和田以北の生徒たちより少しだけ早く学力基盤づくりをすれば、岸高レベルへの到達は中程度の生徒なら「生まれながらのもの」に関係なく十分可能、ということになると体験上確信しますので、能力開発を兼ねた学習を幼児小学生の時からやれば、そう難しくない目標に思えますが・・・。貝塚は、それをやりやすい「適当にのんびりした教育熱の地域」です。つまり、「やればできるのに寝ている生徒の比率が岸和田に比べて多い反面、勉強する子は少数派」のようです。つまりチャンスがいっぱい残っている、「秀才でも寝ているウサギ型が多い」地域なので、貝塚ではこのことに気づいた中程度の幼児小学生とご父母なら、誰でも狙える学校だと思います。

ケイタイ・スマホでもどうぞ!

令和2年度生募集概要

令和2年度生募集のおしらせ概要

1.対象:年長~小学生(中学生)

.詳細は塾までお問い合わせください。

 

・平成30年度生募集。

・主な講習は貝塚教室で実施。

・詳細は塾までお問い合わせ下さい。

<あいキャン、天神・ET>

1.対象:年長・小学生(中学生)

 (ごく基本的な項目の弱点克服及び他塾では対応し難い基本事項の短期集中総復習希望の、

    中堅中学受験生を含む)

2.期間と貝塚の時間帯等:

(塾で個別の相談に応じます。)

3.詳細は塾までお問い合わせくだ

 さい。