[工房式中学入試・高校入試対策実戦編]です。

(幼児小学生珠算塾ピコから《勉強好き》に!)

 (下層に3+5+12ページがあります。)

      元の(工房ホーム)へ


貝塚清児の幼児小学生中学生の「岸高受験・中学入試・高校入試対策実戦編」です。

<受験の成功だけから考えれば、わせ型は中学入試、おくて型は高校入試でしょう。小学生からの岸高受験目標はじっくり実力養成型です>


*一貫テーマ:[貝塚清児の教室で幼児小学生中学生が、自分の大河ドラマへの第一歩を踏み出す]*

<約30年間の経験からいえば、中学入試希望のお母さま方のほぼ全員が入試問題の難易・偏差値の順番と良い学校の順番は同じ、と考えられています。この傾向は今後とも続くと思います。間違った考え方だとは思いますが。>



幼児教室生小学生のおけいこごとや外部クラブ、中学生の部活などは、始める時より「やめる時」に悩みます。ここが入試の始まりとお考え下さい。それらを続けながら入試対策を進める考え方もあります。貝塚清児の個別学習工房にいつでもご相談ください。

まず教室で個別進路相談をしましょう。

まず本人の年齢から考えて、あと何年後の受験を目標にすべきかを保護者が子育て方針としてまず考えるべきだと思います。本人の適性は一旦横におくべきでしょう。経験上、当たる確率が低いようですので。

<ご本人が幼児・小学生低学年の場合>

ゴールデンエイジが終わる4年生前後までは、あえて本人の意思より保護者の一方的な考え方で進める以外、現実的ではないと思います。

<ご本人が小学生高学年・中学生>

保護者は情報収集者、本人は国語力中心の学力の底固めを行うのが良いと思います。

 <幼児小学生で高校入試と決めている場合>

後記の幼児小学生からの高校入試へどうぞ

 


個別学習工房では、いずれの入試の場合でもそろばんでイメージ力の強化をまず図ることをお勧めします。図形問題などには対応不能になります。

 <幼児小学生で一応中学入試と決めた場合>

まずイメージ力と国語力が入試に対応できるレベルか否かを冷静にチェックし、弱いと判断すれば迷わず第一に強化すべきでしょう。いきなり難問に取り組ませるのは最悪です。

<中学生はもちろん、小学生でも一応高校入試と決めた場合>

ある程度できると思われても、小学課程の初めに戻って国語力を強化するのが最良でしょう。


工房式による中学入試


公立小学校で国語の文法や読解力を授業でつけてくれていると考えることは危険だと思います。小学校の、特に国語の成績は中学入試とは無関係だと考える方が良いようです。しかしながら、中学入試専門塾での詰め込みは、営業政策上のものであることも十分考慮すべきです。

特に幼児の場合、イメージ力不足なのに難しい勉強をさせると完全に「勉強嫌い」になって、本人の将来まで潰しかねません。有名塾の、いわゆる「お客さん」にならないことです。

工房式はイメージ力はそろばん、国語力は工房式天神を中心にしてあい・キャンを組み合わせた対応策をとります。これで対応できない中学入試はほとんどありません。


工房式による高校入試


現小6から高校入試制度が大きく変わります。その情報を順次収集しながら進めることが不可欠になりました。また、今の中学生1・2年生でも毎年かなり変わっていくことを考えて、今年の情報だけで十分だと思わないことが第一でしょう。


底力をつけるなら国語力です。個別学習工房では中学生でも小学課程の初めから復習できます。工房式天神です。内申点対策もばっちりです。それが最も合格を確実なものにすると思います。


→(以下は中高入試への下層3ページへ)

          ・中学入試か高校入試か


※※※ ホーム以外のヘッダー・ページは下記一覧の通りです。→先の青い文字部をクリック願いま

す。(下に○○pは、下層にあるページ数) ※※※

まとめ←(サイトのホーム・概要:下に26p)

(珠算含む教室所在地・時間帯:下に2p)→教室

中1だけの学年末対策←(講座の詳細説明)

 (工房の学習指導方向と目標レベル)→岸高

勉強する子←(お母さま不安ほか4p)

そろばん(入試の武器そろばん:下に2p)

(中高受験の流れ決め方等下22p)→中高受験

多い質問←(珠算ピコ含む質問への対応状況)

 (珠算含む、お問い合わせ手順等)→お問合せ

新記事←(ピコ含む塾部活生対応ブログ:下1p)


ケイタイ・スマホでもどうぞ!

令和2年度生募集概要

令和2年度生募集のおしらせ概要

1.対象:年長~小学生(中学生)

.詳細は塾までお問い合わせください。

 

・平成30年度生募集。

・主な講習は貝塚教室で実施。

・詳細は塾までお問い合わせ下さい。

<あいキャン、天神・ET>

1.対象:年長・小学生(中学生)

 (ごく基本的な項目の弱点克服及び他塾では対応し難い基本事項の短期集中総復習希望の、

    中堅中学受験生を含む)

2.期間と貝塚の時間帯等:

(塾で個別の相談に応じます。)

3.詳細は塾までお問い合わせくだ

 さい。