新中1中3高1は、武漢ウイルスの影響を逆利用してチャンスにしよう。

武漢ウイルスによる休校は、短時間の有効活用をマスターできる絶好のチャンス。

まず部活と勉強の両立を前提に考えよう。部活仲間は一生の友人になり得る。

新中1なら→

新中3なら→

新高1なら→


年長・小1~小6なら↓

当塾は プログラミング・そろばん・速読で、

正確記憶力/論理力 

育てます。 プログラミング→クリック

 

{論理力を育てる}

 プログラミング講座はここをクリック →       親子で楽しむプログラミング講座

お問い合わせは→ ℡ 0120-192-551 

                       または→ここをクリック


 そろばん(そろばん脳)は  、      記憶力向上の特効薬ですね

そろばん脳イメージ脳→映像処理脳

→「速読脳」情報処理脳

記憶力向上学力急上昇 →  驚き!

記憶力向上仕事力急上昇→驚き!

記憶力向上認知症不安対策→驚き!

    速読ならここをクリック→

https://pico-kaizuka-sechigo.com/sokudoku/


速読脳年齢不問自立シニアの皆様も「(後述の)脳若学習と速読法」でマスター人々の驚く姿を見てみませんか?

家族の2不安。お子様の学力とシニアの認知症。そろばん脳→イメージ脳→速読脳→情報処理脳が特効薬。シニアのそろばん経験(無くても)と当塾の方法で「速読脳」はすぐにできます。

そろばん脳の放置は 実にもったいない

速読脳にして勉強すれば、家族もビックリ


脳が若返る「速読脳」は、速く読むのに記憶力上がります。不思議ですね。

シニア体験者(54歳)の感想文は下記の通り↓    お問合せは → 0120-192-551

                        または→ここをクリック

《首都大学東京 との共同研究 》    シニア体験者 感想文(例)

 

{記憶力を鍛える}

※ 某大手家具会社社員 海老原(54歳)

 

記憶力を鍛えることを実感!

機会があって速読を体験したが、非常に刺激的であった。

 

先生から指摘があったとおり大人は「これで読めているのか」「視るだけで記憶に残っていない」

という疑問が邪魔をするのも実際に感じることができた。

しかし実際に書き出しをやってみると、
自分の頭の中にどのように情報が残っているのか、
なんとなくイメージすることができたように感じた。

自分は今回の参加メンバーの中で最年長で、特に記憶力については自信がなかったが、

絵と音声を意識することで、

 

自分の想像したよりは、はるかにイメージが残っていることを実感でき

たのが一番の収穫かもしれない。


繰り返し記憶を絞り出すことで、記憶力を鍛えることができるというお話も十分に理解でき、

 

また実感できたが、このトレーニングを継続することが一番の難問かもしれない。

                           お問い合わせは→ここをクリック

 

※ 竹村文(34) 子供も大人も、やった分だけ変われます。

訓練を受ける前は、魔法のように思っていた速読ですが、一回目の訓練後に、脳や目をスポーツのように鍛えるものなのだと感じ、肉体改造をするようでとても楽しくなりました。


もしかして読むスピードが速くなっているかもしれ
ないと感じたのは三回目のときです。

カウント260でも手もカウントについ
ていけていることや、ややはやいときのほうが文章が頭に入ってきやすいこと、読むトレーニングでも、ちゃんと映像や音が頭に浮かび、内容を楽しむことができたことなどを実感しました。

あまり真面目に家で練習していなかった私
ですが、それでも読み方が変わったことは驚きとともに喜びでもありました。

訓練した分だけちゃんと伸びてくれた自分の脳をなんだかかわいらしくも感じました。人に速読のことを聞かれてもうまく説明できないですが、ぜひやってみて、と伝えていきます。

子供も大人も、やった分だけ変われるのは興味深
です。素晴らしい機会をいただき、誠にありがとうございます。

 

 ※堀澤(26) 記憶していられる”ようになったと実感

自分の本を読む速さが上がると思わなかった。たった四回ではあるが、トレーニングとは別に本を読んでみると、これまでの何倍も速い速度で本が読めた。

また、短時間で読み終われるので、数回繰り返し読めることで内容が”身につ記憶していられる”ようになったと実感できた。

まだ本の一行を視野に入れ
ることはできないが、今回の件で練習が習慣化されたので継続してき、より成長させたい。

 

※ 永松(28) 今後にぜひ活かしていきたい

日ごろから読書スピードを上げられたらと考えていた。教育を受けて今までの読み方と全く異なっていた。これまでの自身の読み方を分析すると一文字ずつ読んでいた。

訓練を一回目後は一文字ずつ読むというより単語を目に焼き付け
る。一行の半分程度を見る状態。

二回目は一行の三分の二程度を一度に見る状
態。短文の場合は二行、三行を一度に読めていた。また、内心は「本当に読めているのか」、「このやり方で大丈夫か」と不安であった。

二回目の後半は書き
出してみるとイメージがある場合にはしっかりと書き出せていることが分かった。

三回目は成長を感じ、二回目よりもイメージがわきやすくなった気がす
る。一行を一度に見られていないため、今後のスピードUPはそこの壁を越えられれば早くなると思われる。

新しい読み方と出会い今後にぜひ活かしていき
たい。充実した時間であった。ありがとうございました。

 

※ 富田(32才)今日は脳力開発のメモリアルデーになりそう

初めての体験でした。最初は一行二点の指とリズムが慣れず、四苦八苦したものの、慣れるにしたがって速いカウントに脳も順応したのか、情報がとりやすくなるのが分かりました。


特に印象に残ったのは次の三点です。

 

一. 大きく空間をとらえる。

  余白まで目でとらえると一枚の画としてとらえやすくなりました。

二. リズムにあわせて声を刻む。

  リズムにのるため口や指でカウントを同期していくとだんだん心地よくなり、脳と体と心が一    体化していく感じがした。

三. 潜在意識を明らかにする。

  書き出し一回目でほぼ記憶は言語化できたかと思っていたが、二回目のほうがより具体的な情    報をより多く書き出せたのは驚きました。

この速読との出会えた今日は脳力開発のメモリアルデーになりそうです。感謝です。

 

※ 小林(25) 続けていったときの変化もまた楽しみです 

 

自分の中にかくれた能力がどれほどあるのだろうかという好奇心でこの会に参加させて頂きました。

PCを使ったフラッシュ問題で、全く意識せず音や映
像が飛び込んでくる体験はまず、最初の自信になりました。初回の速読の日に比べて、日が経つにつれて速いスピードがだんだん心地よくなる感覚がありました。

そのうち字を見ると映像が見えたりセリフが聞こえたりという体験が少
しずつですができてきました。

まだ、意識をしないとイメージが残りにくい感
覚はありますが、どのような練習をすればいいのか、また、その時のコツを丁寧に教えていただくことができたため、今後も続けていきたいと思います。

の短期間でこのように感覚が変化してくる体験ができたため、この先続けていったときの変化もまた楽しみです。ありがとうございました。

速読ならここをクリック→  https://pico-kaizuka-sechigo.com/sokudoku/

 

正確で速い記憶力・論理力は、

 

{脳を若返らせます}

シニアの皆さま、脳の若返りで認知症不安を吹き飛ばしませんか?


お問合せ℡→0120-192-551


      または→ここをクリック

脳が若返る「脳若プログラム」と、楽に速く読めて「記憶力が上がるシニア速読」がおすすめです。

この取り組みで「認知症不安」を吹き飛ばしませんか? いつでもご相談ください。

→お電話をお待ちしています。→0120-192-551

ここをクリック→家族が話を聞きたいシニアになる

家族たちに向上心を感じさせる自立シニアの体験談は、効果絶大です。

ITなどで脳が若返るシニアたちは、家族への積極的アドバイスを楽しんでいます。(自立シニアへの脳若の場を提供中)

お子様の人生は家族の接し方次第のようです。

学ぶシニアは輝いています


         ∞∞∞∞∞ ***** ∞∞∞∞∞

お子様の進路検討に、かたよった近所のうわさや見栄は百害あって一利なし。進路と子育ては、自立した家族シニアの珠玉の人生体験を聞いてからでも遅くないと思います。


 

貝塚"勝ち組"子育て学習法は、

 わが子の可能性∞への抜本策と、有名塾への"見栄通塾組"に勝つ学力基盤づくりです。


∞∞∞∞∞ ***** ∞∞∞∞∞

 

{正確で速い}

お子様が幼少期なら、そろばんから始めるのが頭脳発育面で極めて有利なようですね。


勉強はそろばんから→記憶力が上がる不思議なフラッシュ速読に進んでみませんか!

                          →そろばん・記憶力が上がる速読へ

∞∞∞∞∞ ***** ∞∞∞∞∞

 

{正確で速い学習}

ピコは自立シニアの体験から人生を学び、学習指導はそろばんから始め、幼児小学生中学生には中学高校受験、高校生には大学入試の記憶力向上速読を重点指導する塾です。

      学習については、ここをクリックしてください→工房での学習へ

貝塚の小学校の授業は指導要領の狙いからは不十分であるようだ。実態は想像以上。学校の成績が良い小学生でも中学生になれば、貝塚の小学校の授業と中学校授業のギャップに高校受験の足を引っ張られがち。


貝塚の小学生は中学生になれば急に忙しくなる。勉強は急に難しくなるのに部活中毒や友達付き合いなどの楽しさが我を忘れさせ、中1後半に起こりがちな成績の急降下も気にせず高校受験を忘れる。

貝塚の中学生は、部活に慣れた頃から部活が本業になり、周りからの忠告も上の空。部活幹部になれば本末転倒、高校受験どころではない。

当然、貝塚の中学生の授業は中学課程から。小学生の復習授業は無し。貝塚の中学校の先生は割り切っている。小学課程などどうでもよい。


担任のご機嫌取りで小学生の名目成績は上がる。しかし貝塚でも指導要領準拠塾や進研ゼミの完了などで、通学小学校の遅れがちの授業を超えて基本部分だけでも小学課程を完全習得した普通の小学生は、国語力の読解・文法や算数力の図形などが中心の高校受験で断然有利になる。

 

理由は、貝塚の中学生には本格化する国語の文法や図形中心の数学でダッシュでき、頭が固い元小学生エリートを抜き去り、本人さえ驚くほど突然上位集団に入り、高校受験で岸高が視野に入るため。

 

本人は気分が良いので学習加速させ、ますます高校受験内申点対策に大きな効果を発揮させる。

国語の読解や算数の空間図形などの高校受験の基礎は、すべて小学課程・指導要領にある。そろばんでの速算力・イメージ力が備われば鬼に金棒。これが高校受験力。貝塚の中学生がこれらをゼロから身につけるのは年齢的に無理。

よって担任のご機嫌取りよりも、指導要領の小学課程を完全修了させて中学生になってからの勉強をしておけば、自分だけが中学課程で先行逃げ切りが図れる。同級生は急降下。貝塚での高校受験ではこれが大きい。

独自に指導要領準拠のコースを持つ塾で勉強を完成させる。(下記コース参照)

ここが岸高合格への最大のキーになる。


小学生の成績は担任の得手不得手に左右されるため、学習指導要領が求めている進度・内容に対して凸凹であると冷静に客観視すべきでしょう。岸高には指導要領準拠学習だけで合格します。

 

よって、スタートラインを本人に合わせた後は、指導要領型の塾のコース(下記コース参照)で高校受験(岸高受験)に向かうべきです。準トップ校なら中学受験の合格レベルにも十分到達します。


 

<ベテラン塾教師たちの実感>

<保護者が熱心なのに伸びなかった代表例

 

1.習いごとからの切り替えが遅れたタイプ。

(受験準備は習い事教室でも可能と思い、遅れた)

 

2.本人の受験力を支える国語力・算数力の弱点穴の地固めを軽視有名塾の名前を信じて本人に合わないいきなりの難問でヤル気を無くさせたタイプ。

 

3.小学生の授業遅れを軽視し、中学生からの対策で十分と誤解してスタート時期を逸し、小学課程の遅れを中学生になってから本人が取り戻せなかった「後悔・岸高あきらめ」タイプ。

 

ベテラン塾教師たちの

      岸高合格可能性(実感)

 

遅れがちの小学校の授業にもペースを乱されず、指導要領小学課程を先行完全マスターして中学生になれば、限りなく岸高合格に近づく。

 

◎弱点穴埋開始時期岸高合格可能性(実感)

  小学校1~2年生→ 50%以上

     4~5年生→ ~40%?

     6年生  → ~30%?

(この間に小6⇔中1の取り返せない断層あり)

  中学校1~2年生→ 1~3%程度?  

     3年生  → 0.1%あるか?


<結論として言えること>(準トップ校中学受験を含む)岸高には、


もっと詳しい記憶力向上速読そろばんは            ここです


<以下、貝塚から岸高への準備4区分エリアへ>

目前の受験と合格が最優先のお母様エリア

やらない原因を知っておきたいお母様エリア

ヤル気が出る方策をお探しのお母様エリア

本来の底固め学習法がご希望のお母様エリア


①目前の受験と合格最優先のお母様エリア:


(貝塚の幼児小学生中学生が、ねじり鉢巻き無しで短期で岸高受験に向える"重点取組個別塾"です)

やれば出来るのにと、貝塚のお母さまがイライラする中学受験・高校受験へは…→こちらへどうぞ

②やらない原因を知りたいお母様エリア:


自分から勉強にヤル気を出せるのは”自立しているお子さま”だけ!

ヤル気を出す⇔自分の意思で勉強する…⇒自立

 

”過干渉されているお子さま”にヤル気を出せとは理不尽な要求!

お子さまがかわいい!それが本心なら、”まずお母さまから”子離れ”すること”だと思います。


③ヤル気が出る方策ご希望のお母様エリア:


お子さまには食べ物と同様に、勉強にもその内容以前に”好きな勉強法嫌いな勉強法” があり、「やさし過ぎたり、難問で答えまで押し付けられるような」強制的な方法は嫌いなのでしょう。

 

私たちは何かを目指して工夫して徐々にでも進んでいけば、楽しく、いつまでも続けたいですよね。

これは無意識に自分を向上させている充実感を感じているから楽しいのでしょうね。

 

遊びは自分でその遊ぶ方法を工夫して見つけるから楽しいし、いつまでも続けることが出来ます。

 

勉強も自分で方法を工夫しながら続ける勉強なら好きになれそうです。

この点を切り口に中学生対象でも以下の提案はいかがでしょう?

④本来の底固め学習法ご希望のお母様エリア:



(楽しく勉強できるスタートラインとは、その部分の勉強方法までイメージできるギリギリのところです。)

 

例:トレーニングとして小4~5年生に小1の「算数のことば」を教えれば、中学生でも新しい理解が新鮮でヤル気が出ますよ。

 

<勉強好きイメージの幼児小学生中学生中学受験高校受験生は伸びる>


<なぜ「そろばん暗算によるイメージ力の強化」が不可欠か>


* いくら他人に教えられ覚えても、自分で思い出せないと答案に書けない!

他人に懇切ていねいに教えられる≠高得点の答案が書ける意味ある勉強

 

*誤解⇒(記憶=学力)←思い出し、イメージ化し、解答の言葉にして初めて評価される。よって自分の脳と手の筋肉が思い出せる範囲だけが、見える学力ですよね。

 

*錯⇒(他人に教えられる=覚えて思い出せる)←覚えて思い出すのは自分ですよ!

そろばん暗算は、自分で珠に置き換えた数字の無限の組合せを”集中してイメージ記憶”し⇒瞬時に計算し⇒結果を記憶し⇒瞬時に思い出し⇒珠であらわす訓練でしょう。

 

数字と珠=言葉と文字の関係なので、その高速イメージ処理=集中力と瞬時に思い出せる勉強イメージ力(映像化)訓練そのもののようですよね。

 

そろばん暗算脳は、右脳常設の知識イメージ記憶・思い出し・自在演算装置と言えそうです。>

                              つづきは武器そろばんへどうぞ

簡単に能力がつき、ヤル気イメージ脳の源になるのに過小評価され続けた"そろばん暗算脳"

 

そろばん暗算脳は学習脳に変われば、中学受験高校受験や人生のヤル気のイメージ武器となります。

 

人は中学受験高校受験も[言葉とイメージで考える]ので、[国語力イメージ力は勉強好きにします]

 よって[やれるイメージの国語力・はっきりイメージ力は中学受験高校受験の強力武器です]

 

幼児小学生の勉強法は、ゴールデンエイジと高学年・中学受験生の3区分が実情に合うと思います。

 

 

例えば貝塚の小5小6の場合、高校受験や中学生の英語の成績で有利となるように小学生英語を"貝塚市の中学英語準備講座"とする教室方針にするなどです。



**このサイトは [かいづか と ピコ]   

  または [貝塚 と 個別学習工房] の

どちらか2個のキーワード組みで検索下さい**

 site:www.gakusyukobo.jp です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

<以下は個別テーマエリアです>

<貝塚三中.一中.二中の中学生部活生専用コース>


(運動イメージ力を勉強イメージ力に広げる。)


*[貝塚三中数学]期末対策生募集(個別指導)*

貝塚三中の数学は難しいため、新公立入試対応部活生高校受験型の期末対策をします。ブログ参照。

                          詳しくはここをクリックお願いします。


高校受験は[言葉とイメージ]で考える。よって高校受験は、運動体験イメージを"やれるとはっきりイメージする力"にできる部活生には非常に有利な受験になることをもっと認識すべきでしょう。


①高校受験合格を狙う貝塚三中と一中二中の中学生部活生が対象です。

②通塾日数極少中学生部活生専用コースを、高校受験まで組みます。

③中学生の部活の無いテスト前に集中的に対策します。 詳しくはここをクリックお願いします。

<ホーム以外のページとの連絡エリア>


→(工房ホーム下層11(その下19)ページ一覧)

          ・貝塚からの岸高ねらい


※※※ ホーム以外のヘッダー・ページは下記<リンク先一覧>の通りです。


→先の青い文字部をクリック願います。

(下に○○pは、下層にあるページ数) ※※※


まとめ←(サイトのホーム・概要:下に26p)

(下に2p)←年長小学生のそろばん・えいご

(珠算含む教室所在地・時間帯:下に2p)→教室

新中1中2の中間対策←(講座の詳細説明)

(工房の学習指導方向と目標レベル)→岸高

 

(中高受験の流れ決め方等下22p)→中高受験

多い質問←(珠算ピコ含む質問への対応状況)

 (珠算含む、お問い合わせ手順等)→お問合せ

新記事←(ピコ含む塾部活生対応ブログ:下1p)


<貝塚清児幼児小中部活生そろばんピコの「新記事・ブログ」>


ケイタイ・スマホでもどうぞ!

令和2年度生募集概要

令和2年度生募集のおしらせ概要

1.対象:年長~小学生(中学生)

.詳細は塾までお問い合わせください。

 

・平成30年度生募集。

・主な講習は貝塚教室で実施。

・詳細は塾までお問い合わせ下さい。

<あいキャン、天神・ET>

1.対象:年長・小学生(中学生)

 (ごく基本的な項目の弱点克服及び他塾では対応し難い基本事項の短期集中総復習希望の、

    中堅中学受験生を含む)

2.期間と貝塚の時間帯等:

(塾で個別の相談に応じます。)

3.詳細は塾までお問い合わせくだ

 さい。